県歌「信濃の国」

『信濃の国』は、明治31年(1898)に長野県師範学校(現信州大学教育学部)の教諭の浅井冽が作詞した。
その後、同僚の北村季晴がこの歌詞に感銘を受け、明治33年(1900)に曲をつけた。
県内の地理・歴史・文化を賞揚する歌詞と軽快なメロディーはたちまち師範学校の生徒に好まれ、寄宿舎の内外で歌われた。
師範学校から巣立った若き教員たちは県内各地の学校で生徒に教え伝えた。
各校の運動会ではオルガンにあわせて生徒のダンスが披露されたことから大人にも知られるようになった。
この歌は戦前から長野県内に普く定着し、県全体の共同体意識を喚起する歌として歌い継がれている。
昭和43年(1968年)県告示で正式に長野県歌として制定された。


視聴


ボタン MP3オーディオファイル(約6.76MB)


歌詞

1.
信濃の国は 十州に
境連ぬる 国にして
聳ゆる山は いや高く
流るる川は いや遠し
松本 伊那 佐久 善光寺
四つの平は 肥沃の地
海こそなけれ 物さわに
万ず足らわぬ 事ぞなき
2.
四方に聳ゆる 山々は
御嶽 乗鞍 駒ヶ岳
浅間は殊に 活火山
いずれも国の 鎮めなり
流れ淀まず ゆく水は
北に犀川 千曲川
南に木曽川 天竜川
これまた国の 固めなり
3.
木曽の谷には 真木茂り
諏訪の湖には 魚多し
民のかせぎも 豊かにて
五穀の実らぬ 里やある
しかのみならず 桑とりて
蚕飼いの業の 打ちひらけ
細きよすがも 軽からぬ
国の命を 繋ぐなり
4.
尋ねまほしき 園原や
旅のやどりの 寝覚めの床
木曾の棧 かけし世も
心して行け 久米路橋
くる人多き 筑摩の湯
月の名に立つ 姨捨山
しるき名所と 風雅士が
詩歌に詠てぞ 伝えたる
5.
旭将軍 義仲も
仁科の五郎 信盛も
春台 太宰先生も
象山 佐久間先生も
皆此の国の 人にして
文武の誉 たぐいなく
山と聳えて 世に仰ぎ
川と流れて 名は尽ず
6.
吾妻はやとし 日本武
嘆き給いし 碓氷山
穿つ隧道 二十六
夢にもこゆる 汽車の道
みち一筋に 学びなば
昔の人にや 劣るべき
古来山河の 秀でたる
国は偉人の ある習い
国際ロータリー第2600地区事務所 info@rid2600jp.org
原 拓男ガバナー事務所 info-1@rid2600jp.org 関 邦則ガバナーエレクト事務所 info-2@rid2600jp.org
〒390-0811 松本市中央1-23-1 松本商工会館4F TEL:0263-38-0800 FAX:0263-38-0801
原 拓男ガバナー・クラブ事務所(佐久RC内)
〒385-0051 佐久市中込3-19-6 佐久グランドホテル内
TEL:0267-63-0432 FAX:0267-63-4632
関 邦則ガバナーエレクト・クラブ事務所(長野RC内)
〒380-0838 長野市県町576 ホテル国際21内
TEL:026-235-5493 FAX:026-235-4146
Copyright Rotary International District 2600 All rights reserved.