ガバナー補佐

東信第一グループ
ガバナー補佐
小池 平一郎
[小諸浅間ロータリークラブ]

 この度、2018~2019年度東信第ーグループのガバナー 補佐を務めさせて頂きます小諸浅間RCの小池平一郎と申します。ガバナー補佐を仰せつかって以来、研修会、勉強会に出席し、改めて責任の重さを痛感しつつ、不安のうちに出発を迎えました。一年間どうぞよろしくお願い致します。
 本年度、バリー・ラシン会長は、RIテーマを「BETHEINSPIRATION」「インスピレーションになろう」と掲げられました。ロータリアンは自らを鼓舞することにより、RI事業を進化させ、多くの人々を鼓舞する活動のできる人になろうということであり、そして、人びとが手を取り合って行動していく世界を目指そうと呼びかけておられます。これを受け、第2600地区・伊藤雅基ガバナーは、地区の標語を「Findthe Value」"価値を見出そう"とし、改めてロータリー活動の価値を一人 一人が見出し、自らがそれを実践し、昨日と違う自分をみつけ、継続して実行する人になる年にしましょうと呼びかけておられます。
 伊藤ガバナーのこ指導のもと、クラブ運営を今一度見直し、若い会員を増やし、新しい価値を見いだせる様、東信第一グループの皆様のご協力を戴きながら、それぞれのクラブの発展のため、微力ではありますが補佐役を務められればと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

東信第二グループ
ガバナー補佐
滝澤 修一
[上田東ロータリークラブ]

 地区での活動経験のない私がガバナー補佐をお引き受けし、年度前の研修や本年度に向けての活動を経て、改めてロータリーを見直すこともでき、本年度の始まりにあたり、補佐の職責の大切さを痛感し身の引き締まる思いです。
 本年度RIテーマ「BE THE INSPIRATION」(インスピレーションになろう)は、「勇気と希望」や「創造性をもって正面から立ち向かう意欲」を「クラブ、地域社会」「組織全体から引き出す」ような存在であれ、と理解し自らの課題としたいと思います。また、伊藤ガバナーは、「各ロータリークラブは国際ロ タリー (RI)の直接の会員です。その間には地区は存在しません。」と述べられています。これは、各クラブが主体的にRI 事業を含む奉仕活動に取り組んで行くことを求めているものだと理解しています。
 本年度、これらの課題に向け、RI·地区と各クラブを結ぶ役割を果たすことができますよう、東信第2グループの各クラブの皆様のご理解ご協力を得ながら、また伊藤ガバナーはじめ地区役員の皆様のご指導のもと、補佐としての職責を果たす所存です。

北信第一グループ
ガバナー補佐
上沢 広光
[須坂五岳ロータリークラブ]

 今年度、北信第ーグループガバナー補佐を務めさせて頂くことになりました。伊藤ガバナーの今年の行動計画の9項目の中で、最優先に取り組んでみたい項目が4つありました。
 まず、第ーにロータリーデーの開催。今年度が初めて開催するクラブがほとんどだと思いますが地区事務所の協力を得ながら、ぜひ実行してみませんか。
 第二は、マイロータリーヘのアカウント登録。私も3年程前、RLI委員の時にPETSヘディスガッションリーダーとして手伝いに行き、登録の実演を担当させていただき、その時に登録しました。少ない金額ですが、試しにマイロータリーからパソコンで財団寄付もしてみました。
 第三は「各クラブから会員10名当たり1名の地区委員会へ委員を推薦する」件です。地区の委員の仕事は、他クラブのロータリーの方と知り合いになるチャンスが多く、ロータリー活動が一段と楽しくなります。
 第四は「ロータリー財団寄付ゼロクラブ ゼロの継続」です。これはロータリーアン個人が少額でも寄付をすればいいのですから簡単なことです。ガバナー補佐として、北信第一グループ各クラブに訪問させていただき、以上のことを中心に、説明又お願いにまいります。
 ロータリー活動が気楽に楽しく、実り多き1年になりますように伊藤ガバナーのご指導の下、補助役を務めさせていただきます。
 会員の皆様のご指導ご協力をお願いいたします。

北信第二グループ
ガバナー補佐
青木 茂人
[長野北東ロータリークラブ]

 本年度、北信第ニグループのガバナー補佐を拝命しました青木です。約半年間のガバナー補佐研修において、伊藤ガバナーは地区標語『Find the Value』を掲げ、「ロータリークラブとは何なのか」その目的を再認識することが、ロータリーの発展には不可欠な重要事であると力説されました。確かに、楽しさや親睦は欠かせませんが、ただそれだけに終始しているだけで、果たしてロ ータリアンと言えるのかは、もう一度自分の胸に問わなければならない課題であると感じます。
 私の長いロ ータリアン生活においても、この課題は常に胸中にあったような気がいたします。期せずして、伊藤ガバナーのお考えと私の長年の懸案が合致した幸運を感じます。私たちは今一度、ロータリーの源流を遡り、職業奉仕の流れ出る源を意識し、そこからロータリーの意義を問い直し、ともに切磋琢磨できる仲間を増やすという作業に、着実に取りかからなければならない時期にあると思います。
 どのクラブも抱えている会員増強という課題は、原点に立ち返り、本来の意味や意義を確認する作業から始めていくべきだと感じます。グループ内各クラブ様と親しく交わり、お役に立てるよう励みたいと思っております。
宜しくお願いいたします。

中信第一グループ
ガバナー補佐
塚本 建三
[松本城ロータリークラブ]

 この度図らずも、いや、実は謀られて中信第一地区ガバナー補佐をお引き受けすることになった塚本建三と申します。
 実は私、昨年の今頃は、来年2月には77歳、喜寿を迎えるので、平成30年6月末を以て退会し、四国八十八ケ所巡りなどをして、異次元移行準備をしようと考えていたところ、クラブの選考委員の皆さんから、他の候補の方はそれぞれ都合があって、引き受けられないので、一番暇そうな貴方に引き受けてほしいと言われ、私の計画はもろくも崩れ、引き受けざるを得ないところへ追い込まれたというのが実情です。
 しかし、客観的にみると、高齢者が一人辞めるのを引き留めたと言えなくもない。会員数を増加させるのは大切だが、少子高齢化が急速に進展する中では、既存会員を減らさないことが一番重要だということを意味すると思う。その上で、若い人が入りやすい環境を整えること、既存会員の意識高揚を図り、新規会員を増やす気持ちを持ってもらうことが肝要なのではないかと考える。なにしろ、我がクラブには私より高齢者が3人もいるのだ。困難な戦いが始まる!
 会員の皆様のご協力を切にお願いするものである。

中信第二グループ
ガバナー補佐
降旗 勝一
[松本西南ロータリークラブ]

 本年度、伊藤雅基国際ロータリー第2600地区中信第ニグループガバナー補佐を任命されました松本西南RCの降旗勝一(ふりはたかついち)です。
 1988年11月入会以来約30年間、今迄私は何をやって来たのか、唯永く在籍したのみで何もロータリークラブの事を充分に勉強せず恥ずかしいばかりです。
 第一回次期ガバナー補佐研修セミナーは、昨年の11月、伊藤ガバナーエレクトの地元駒ヶ根で開催され、地区補助金セミナー、中信第ニグループでのインターミーティング、本年2月に行われた第2回次期ガバナー補佐研修会等、知らない事の勉強ばかリです。
 さて、2018年~2019年国際ロータリーのバリー・ラシン会長は、バハナの出身です。堅実な中にも常に前向きな変化と前進を目指す方です。RI会長から出されたRIテーマは「BE THE INSPIRATION」インスピレーションになろうです。
 インスピレーションはインスパイア「感動させる、奮いたたせる」から来る言葉だそうです。インスピレーションになろうとは、ロ ータリアンは自らを鼓舞する事により地区RI事業を未来に向って進化させると共に、地域の人々を応援し、自ら活動をする人になろうと言う事です。
 ここで大切な事は、ロータリークラブとは、ロータリアンとは何なのか、目的は何なのかを今一度確認する事だと思います。
 ロータリー活動の根幹は「職業奉仕」である事は言うまでもありません。四つのテストと共に具体的な方法論を協議する事も、ロータリアンの仕事ではないでしょうか?
 今一度各クラブで話し合いを持ち、楽しいロータリー活動をして頂くようお願い申し上げてむすびと致します。

諏訪グループ
ガバナー補佐
小笠原 弘三
[諏訪大社ロータリークラブ]

 ガバナー補佐に任命いただき、この重責に身の引き締まる思いであります。歴代補佐の皆様方の英知と偉業を継承し、諏訪グループ奉仕活動の進行発展・会員相互の異業種交流を広め深める努力を推し進めて参ります。
 本年度会長バリー・ラシン氏はRIテーマ"BETHE INSPIRA­TION"“インスピレーションになろう”「地域の人々を応援し多くの人々の鼓舞につながる活動をする人になろう」を提唱されました。
 伊藤雅基ガバナーは、 「各クラブは国際ロータリー (RI)の直接の会員である」ことを強調され、「Find the Value」(価値を見出そう)を地区標語に掲げました。
 ロータリークラブとは、ロータリアンとは何なのか、改めてロータリーとその活動の価値観を一人一人が見出し、継続して実行することを地区方針としました。
 諏訪グループでは、第2600地区の行動計画実現を目指し、地区委員を積極的に推薦いただき、ロータリー活動の相互的な価値観を見出すべく会長・幹事の皆さんを中心に各ロータリアンの皆さんと共に地域社会で、そして自分自身の中で持続可能な良い変化をし、感動を与え認められる奉仕活動を実践し努力を重ねて参りたいと想います。
 何卒、皆様方の絶大なるご支援とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

上伊那グループ
ガバナー補佐
田中 洋
[伊那中央ロータリークラブ]

私の宝物はロータリーの中でお知り合いになったロータリアンの皆さまです。
 今年度、上伊那グループガバナー補佐を務めさせていただくことになりました。伊那中央RCに入会して30年、ただただ皆さまの後を就いて多くの事を学ばせていただいた30 年です。蒼蠅騒尾に附して万里を渡り、例えの如であります。 非オの身ではありますが、誠心誠意努めて参りますので宜しくお願い申し上げます。
 本年度、伊藤雅基ガバナーは 「価値を見出そう」を地区テ ーマに掲げ一人一人がロ ータリーとその活動の価値を見出すこと、自らが継続して実践する人になること、そして日々革新の一年にすることを提唱されました。私も「価値を見出そう」を座右に置き、充実した一年にして参りたいと思います。
 第2600地区の行動計画の会員増強・グループ純増10 名、財団・米山の寄付目標はもとより、「ロータリーデーの開催」項目は、クラブの事業について「ロータリーデー」として、ロータリークラブヘの理解と公共イメージの向上の機会とするよう強調されています。
 特に本年は地区大会を10月13日(土)~14日(日)伊藤ガバナーのもと、伊那RCがホストとして伊那で開催をいたします。地元のガバナー、地元での開催ということでグループ上げて協力して参ります。
 本年一年、微力ではありますがガバナーと各クラブのつなぎ役として務めて参りますので、皆さまのご指導ご協力を宜しくお願い申し上げます。

下伊那グループ
ガバナー補佐
蒲 祐正
[飯田東ロータリークラブ]

 ロータリークラブに入会し、クラブの皆様とともに奉仕活動に親睦活動にと有意義で楽しいクラブライフを経験させて頂き35年が経ちました。
 この間、ロータリーの基本理念の一つとなっている「四つのテスト」は何かあると心に浮かび、自分自身に問いかけている素晴らしい言葉となっています。もし世界中の人々がこの行動理念を心に刻めば、きっと平和な世界が訪れるのではないかと思っています。
 下伊那グループのテリトリーである飯田・下伊那の人口は昭和60年の18万人をピークに減り続け、今年はついに16万人を切ってしまいました。今後ますます人口減少のスピードが加速していく予測です。
 このような状況の中、昨年度末で松川RCが40年余の歴史に終止符を打ちました。厳しい現状ではありますが、昨年度の小畑ガバナー補佐が始められた合同例会を今年度も開催してクラブ間の交流を深め、下伊那グループが一丸となって公共イメージの向上と会員増強に取組みたいと思います。
 隠居になって5年、すっかり緩んでしまったネジを巻き直して伊藤雅基ガバナーと各クラブのパイプ役として一年間精一杯努めたいと思います。会員諸兄姉のお力添えご協力をよろしくお願いします。

国際ロータリー第2600地区事務所 info@rid2600jp.org
伊藤 雅基ガバナー事務所 info-2@rid2600jp.org 古川 静男ガバナーエレクト事務所 info-1@rid2600jp.org
〒390-0811 松本市中央1-23-1 松本商工会館4F TEL:0263-38-0800 FAX:0263-38-0801
伊藤雅基ガバナー・クラブ事務所(駒ケ根RC内)
〒399-4115 駒ヶ根市上穂栄町3-1 駒ヶ根商工会館4F
TEL:0265-83-0125 FAX:0265-82-5364
古川静男ガバナーエレクト・クラブ事務所(松本西南RC内)
〒390-0835 長野県松本市高宮東4-26
TEL:0263-27-9720 FAX:0263-27-9721
Copyright Rotary International District 2600 All rights reserved.